ステートや防具に攻撃属性・付加(解除)ステートを設定

p-sight: Annex - Make Attack Element and State Setting

Tag: 戦闘関連 / システム関連 / ステート / 装備

説明

防具やステートに、武器と同様に「攻撃属性」と「付加ステート」、そして「解除ステート」を設定することが可能になります。
これらは最初から武器に設定されている攻撃属性に追加する形で設定されます。 ※導入の際に任意の属性を計算から除外するを導入しておかないと属性計算に不具合が生じます。

設定可能な項目

ATTACK_ELEMENT_KEY

防具やステートに攻撃属性を付加させるための属性名です。 実際はこの属性名のあと攻撃の際に付加する属性名を指定したものを属性名として使用します。

ATTACK_ELEMENT_KEY = "攻撃属性:"

PLUS_STATE_KEY

防具やステートにステート付加の効果をつけるための属性名です。 実際はこの属性名のあと攻撃の際に付加するステート名を指定したものを属性名として使用します。

PLUS_STATE_KEY = "付加:"

MINUS_STATE_KEY

防具やステートにステート解除の効果をつけるための属性名です。 実際はこの属性名のあと攻撃の際に解除するステート名を指定したものを属性名として使用します。

MINUS_STATE_KEY = "解除:"

使い方

※上記の設定を行った後、技の属性を設定しますが、 便宜上、全て上で書いた初期値のままであると仮定します。

「システム」から属性を追加、「攻撃属性:炎」や「付加:麻痺」など、 「攻撃属性:n(nは任意の属性名)」あるいは「付加:s(sは任意のステート名)」、「解除:s(sは任意のステート名)」 の形式でシステムから属性を新たに作成してください。

新たな効果を付加させたい防具やステートの「属性防御」の欄で、 先ほど設定した属性にチェックを入れてください。
攻撃の際にそれらの設定が引き継がれます。

他のスクリプトとの競合について

再定義しているメソッド

なし

aliasを使って再定義しているメソッド

正常に動作しない場合は、以下のメソッドが他のRGSS素材で再定義されていないかなどを確認してください。

class Game_Enemy < Game_Battler
 def element_set
 def plus_state_set
 def minus_state_set

class Game_Actor < Game_Battler
 def element_set
 def plus_state_set
 def minus_state_set

ソースと導入方法

導入方法

スクリプトの「Game_Enemy」より下、「Main」よりも上に以下のソースを丸々挿入してください。

ソースと更新履歴

Make Attack Element and State Setting: ソース

更新履歴

2006 10/22 公開。


This page is written in Japanese(Shift_JIS)
(c) T-Akf, in p-sight